読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花と檸檬

赤木野安吾から出てきたを漫画やイラストレーションをお見せします。

草間彌生『我が永遠の魂』・『ミュシャ展』へ行きました◎後編

さあ、後編です。

 

お次は

『ミュシャ展』!

 

特設HP▼

http://www.mucha2017.jp/

 

前回、紹介した 草間彌生『我が永遠の魂』

と同時に開催してますよ😉

 

 

f:id:akaginoango:20170419203524j:plain

f:id:akaginoango:20170419203546j:plain

 

 

あー😂

 

こっちもめちゃくちゃ混んでる。。

ですが、列整理がきちんとしていたので、そこまで待たずに会場に入ることができました。

 

 

 

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ。

ミュシャといえば、「ジスモンダ」などの装飾的なポスターでよく知られています。

 

そういった作品を手がける傍、ミュシャの故郷、チェコやミュシャ自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマに作品をたくさん描いたそうです。

その集大成と言えるのが今回の展覧会の目玉、『スラヴ叙事詩』。

 

 

 

気を取り直して行ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:akaginoango:20170419205125j:plain

 

 

 

f:id:akaginoango:20170419205146j:plain

 

 

 

 

おー!!

 

 

こちらもすごい迫力 😄!!

 

 

『スラヴ叙事詩』は約縦6メートル、横8メートルの油彩画。

チェコ国外で、初めて全20点をまとめて公開しているそうです!

 

 

f:id:akaginoango:20170419205901j:plain

 

 

大きすぎて撮影にも一苦労😓

 

絵自体が光ってるような神々しさを感じました。

 

 

f:id:akaginoango:20170419205948j:plain

 

わりと表現はゆったりとしたタッチで描かれていましたよ😙

 

あまりに綺麗な絵画だったので、見入ってしまいました。

うっかり写真を撮り逃してます😨

 

その他にも、ミュシャがこの『スラヴ叙事詩』を描くに至るまでの足跡を本展では約100点の作品を通じて辿ることができます!

 

 

 

前回の草間彌生『我が永遠の魂』に劣らず、すごい人の数でした。

 

f:id:akaginoango:20170419210846j:plain

f:id:akaginoango:20170419210914j:plain

 

 

お土産売り場は大混雑!

ここを分入って、買い物する気力がなかったので、何も買わずにお店を離れました。

 

 

 

f:id:akaginoango:20170419210939j:plain

施設を出ると、、、

 

 

列が倍になってる😭

 

 

まだまだ混みそうな雰囲気でした。

 

訪れる方は事前にチケットを購入して、平日の早い時間に訪れるのがいいと思います。

 

絵画はゆっくり見るのがいいですよね。

 

 

 

さあ

話は変わりますが、

2017年5月6日 東京ビッグサイトで開催される

COMITIA120 に参加予定です!

 

スペースは『そ01b』

詳しくはこちらから▼

http://www.llsummer.com/entry/2017/04/06/073954

 

春から新生活が始まり、新しい環境にも少しずつ慣れてきましたが、

作業はほぼ進んでいませんので😂

頑張らないと!

 

楽しみです。

 

ではまた。